たるみをなくすために表情筋を鍛える

鏡を見ると、自分の顔にたるみができていて、老けて見えてしまうことってありませんか?

私は自分の顔を鏡で見るたびに、たるみがあって気が滅入ってしまいます。

やっぱり若々しく見られるためにはたるみというものはなくす必要があります。

ほうれい線のところのたるみはまさに老けて見られてしまう原因の1つだと思います。

ほうれい線をうすくするためには、それなりの努力が必要だと思います。

40代、50代の人で若く見られる人の特徴として、ほうれい線がほとんどないというのがあげられると思います。

やっぱり若く見られるためには、ほうれい線をなるべく薄くする必要があると思います。

たるみが気になる女性

顔にも筋肉があります。

顔にある筋肉の表情筋が衰えてしまうと、顔のたるみの原因となってしまいます。

そのため、表情筋を鍛える必要が出てきます。

表情筋を鍛えるためには、顔を大きくあけたり、口をつぼめたりして、顔の筋肉を鍛える必要があります。

顔の筋肉を鍛えるというとなんだか難しいイメージがありますが、最近では顔の筋肉を鍛えるための美顔器も販売されていますので、そういったものを利用して顔の筋肉を鍛えるというのもいいのではないでしょうか。

やはり、顔を刺激してあげないといけないということになると思います。

顔を刺激してあげて、たるみを少しでもなくすということが必要になってくるんだと思います。

顔を刺激するというのは、リンパマッサージなどもそうですが、口を左右に動かしたりして、顔に刺激を与えるというのも1つの方法といえるのではないでしょうか。

そして、何よりも、顔の筋肉が衰えると、一気に顔にたるみが出てきてしまいますので、意識して、顔の筋肉を動かすようにしていく必要があると思います。

是非、顔に刺激を与えてあげて、顔のたるみを少しでもなくしていくような努力をしていきましょう。

表情筋が衰えてしまうと、たるみが一気に加速してしまいますので、是非、表情筋を意識してケアしていくようにしていきましょう。